日々の暮らしや、体験したアレコレを綴ります

いろいろ

企画者、マーケッターに勧めたい意外な本

企画者、マーケッターに勧めたい意外な本

企画業務のすみっこで暮らしているmackeeです。

企画者、マーケッターの方々に、数年前に発行された本を紹介させていただきます。

荒木飛呂彦の漫画術(集英社文庫)
          著者はご本人の荒木飛呂彦さんです。

この本はタイトル通り、企画屋マーティングの仕事をされている方にお勧めします。お勧めポイントは「ペルソナ」作りの参考用として、です。
#ペルソナ≒商品・サービスを利用してもらう仮想の人物像

ジョジョの奇妙な冒険でカルト的人気を博す荒木さん。人気のポイントの一つに、漫画の登場人物たちはあり得ない世界の住人なのに、実に生き生きとしていているところがあると思います。
つまり、この卓越したキャラクター設定の手法をペルソナに活かせれば、ひじょうによいキャラクターが出来上がるのではないかと考えました。

書籍は、荒木漫画の制作過程を辿っています。そのうちキャラクターに関するのは「第三章 キャラクターの作り方」の部分になります。このうちペルソナ検討にそのまま応用できるのがキャラクターの”身上調査書”の部分(P74~75)。キャラクターの身長・体重、出身地、血液型といったデータ化できる情報から、性格や家族、トラブルまで多種多様の設定項目があります。これをそのまま埋めていくだけで、具体的な人に思えてくるペルソナが作れそうですよね。荒木さんも 信条調査書は「秘伝のたれ」 と書かれているくらいです。

#特技・ワザの項目もありますけど、ペルソナをスタンド使いにしないように(笑)

世界が認める魅力的な作家さんの手法はとても参考になると思いますので、ぜひご一読下さい。ジョジョファンなら仕事の参考書として読み始めても最後まで読み切ってしまうこと間違いなしっ!

コメントを残す





関連記事