日々の暮らしや、体験したアレコレを綴ります

PC・スマホ 困りごと

Apple Watchが昼間でも睡眠モードになったまま戻りません!

Apple Watchが昼間でも睡眠モードになったまま戻りません!

泣きそうです、原因がさっぱりわかりません。

アップル・ウォッチが昼間だというのに、突然睡眠モードになってしまいました。
寝ている時間は、メールやLINEの着信だけでなく、普段の画面が睡眠を妨げないように暗い時刻表示だけになります。睡眠モード中に機能を使うためには竜頭(デジタルクラウン)を回さなければなりません。

それが、午後1時というのに睡眠モードになっています。デジタルクラウンを回して目覚めさせると、画面の上に睡眠モードを示す水色のベッドアイコンが出てます(^^;

まさか、睡眠時間のセットが今寝ているって間違ったのか?と思い確認してみると、

0時30分に寝て6時30分に起きるタイマーのまま。。。

こういう時は再起動!、そう思って数回やってみても状態は変わらず。
困ったときはGoogle検索!、たいてい事例が見つかるものですけれど、今回と同様のものはでてきません。

一体どうしたらいいのか?
不便を腕に巻いたまましばらく困って悩む日々が続きそうです…(T-T)

追記(2021-07-18)
続きの「解決編」はこちら
Apple Watchの”眠り病”が治ったー!

コメントを残す





関連記事