与えて与えられたのは…

あっという間に持っていかれてしまいました(^^;

我が家の庭にセンリョウの木があります。

うちの妻が毎年お正月に飾ってるんですよ(^-^)下側の鈴なりになっているのがセンリョウです。

鳥にとってこの赤い実が美味なようで、成ったら食べまくられてしまうので飾る枝を切り取るまでは網をかけて実を守っています。年末に生花用に枝を切ったあと、網を外して鳥たちに「解禁」しました。

すると。。。そこら中から鳥がくるわ、くるわ(^^;
毎年やってくるヒヨドリに加えて、キジバト、さらには聞いたことがないさえずりをする鳥も来たのでGoogle Lenzで調べてみたらゴジュウカラという鳥まで現れました。

網を外して約一週間。センリョウの木はどうなったかというと…

ほとんどボウズです(^^;(^^;

すでに今年の役割を終えたセンリョウ、冬の餌が少ない時期に鳥さん達が食べるのは全然オッケーなんです。。。が… 鳥さんは大量のフンをしまくるんです(^◇^;)

与えよ、さらば与えられん。という教えもありますけれど、与えられたのはフンでしたー(^◇^;)
あ、もしかするとウンがついてくれるのかも!?(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする