日々の暮らしや、体験したアレコレを綴ります

PC・スマホ 困りごと 在宅ワーク 試した

NHK「ガッテン!」で紹介された”ビデオ通話の極意”を試しました

NHK「ガッテン!」で紹介された”ビデオ通話の極意”を試しました

会議の大半がウェブ会議になっているmackeeです。

昨年(2020年)11月にNHK「ガッテン!」で、こんな内容が放送されました。

心をつなぐ○○パワー!ビデオ通話の極意
https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20201111/index.html

”ビデオ通話”と書かれていますが、要はZoomなどで行う ビデオ会議/ウェブ会議のことです。

NHKさんのWebで紹介されているポイントを、そのまま引用します。
・ビデオ通話が盛り上がらない原因は?減る「うなずき」と「ジェスチャー」
・お悩み解決のポイントは「心からうなずく」担当を置くこと!
・うなずきに秘められたパワー「リズム同調」

要は、話す人と心底「うなずく人」がいると会議が活性化されるということですよね。この情報を知ったあと、ちょうど自分の部署が大勢の方から新製品の意見をヒアリングする会議を主催することになっていたので「うなずき」パワーを試してみることにしました。

結果を先にお伝えすると、放送の通り大成功でした!!

会議を主催するのは同僚の女性と私です。参加者は女性が主体なので彼女が説明して私が「うな担」=うなずき担当で行くことにしました。

会議当日。
いつもは打ち合わせスタートの挨拶のときのみ顔合わせでビデオをオン、そのあとは回線の速度確保のためにビデオオフにしています。この日は彼女と私だけビデオをオンにしたまま。彼女の説明に合わせて、タイミングよく思いっきりうなずきます。

さらに合いの手を入れてみました。
「○○のように使います。」
  軽くうなずく。
「もし△△のときでも大丈夫なんでしょうか?」
「はい、大丈夫です。もしうまくいかないときは、やり直してもOKです。」
「なるほどー!」
  大きくうなずく。

すると、参加者の皆さんも発言し始めました。
「それがOKだと、けっこう楽しく使えますね!」
「そう、□□のときも使えるんじゃないかしら?」
「それで使えるならいいわねぇ!」

いやー、盛り上がってよかったぁ~\(^o^)/
後日参加者の方から、☆☆ちゃん・オン・ステージだったわねー!とお褒めいただくくらいの盛り上がりでした(笑)

会議を主催されるときは、ぜひ「うな担」をお試し下さい!

コメントを残す





関連記事