日々の暮らしや、体験したアレコレを綴ります

PC・スマホ 試した 買い物

『最小』のモバイルお仕事環境を作る=iPad miniのPC化

『最小』のモバイルお仕事環境を作る=iPad miniのPC化

入力しやすさと、重さ、持ち運びやすさのバランスが取れている組み合わせと思っています。

モバイル歴20年超のmackeeです。昔はモバイラーを「ノマド」なんて呼んでいましたね(^^;
コロナ禍のため世の中全体でも在宅も含めたモバイル環境で仕事することが増えました。会社から自宅に持って行くだけなら少々重いPCでも我慢できます。しかし、移動がメインの環境ではモバイル端末も軽い方が楽です。

軽いPCなどいくつか試した結果、入力しやすいけど”とにかく軽い&小さい”モデルとして、iPad mini+キーボードケースにたどり着きました。

なぜこの組み合わせを選んだかというと、iPadを使ってみたかったから(笑)。
機種別に重さを比較してみましょう。

iPad mini 約300g + キーボード 476g = 約776g
無印iPad 約500g + キーボード 約500g = 約1kg

このように、かなり軽くなるのでminiを選びました。

個人的にこだわりがあったところが通勤電車で座って使えること。そのためには使うときにノートPCのように本体を開いた状態で固定できるタイプのキーボードカバーが必要です。MicrosoftのSurfaceのようなキックスタンドでモニタを支えるタイプでは膝上の使用は難しくなります。

この条件で選んだのがこのキーボードカバー。

キーボードは充電式、BluetoothでiPadとつながります。本当はもっとキーボードが使いやすそうな高級品にしたかったのですけれど、もし使いづかかったり飽きたりするかも・・・と思って安めのものを選んでいます(^^ゞ

結果は、思った以上に使いやすく作業効率もよいものでした!
使った感想は次の機会に書きますね。

コメントを残す





関連記事